レーザー脱毛の注意点

img_post_cover1

エステに比べると安全に配慮された設備で安心して施術をうけられるクリニックでのレーザー脱毛ですが、もちろんこちらも注意するべき点は多くあります。
ここでは、レーザー脱毛を受けるにあたってどんな点に注意すべきかをみてみましょう。

だれでも施術してもらえるわけではない

まず、誰もがレーザー脱毛の施術を受けられるわけではありません。

【日焼け】
「黒い部分にレーザーを照射する」という性質上、日焼けをした方は好ましくないようです。日焼けした黒い肌だと肌のメラニンにも反応してやけどをする危険性が高くなります。自分の日焼け具合が大丈夫か気になるかたは、カウンセリングの際に要確認ですね。
【妊娠されている方】
レーザーそのものが悪影響・・・というわけではないようですが、どのクリニックでも妊娠期間中は避けるべし、とのことです。
これは、妊娠中はホルモンバランスが普段と違ったりするので、毛の生え変わりの周期なども乱れているケースが多く、また皮膚も敏感になっているため効果が薄くなるからだそうです。
【未成年】
思春期って、ムダ毛で悩むこと多いですよね。すごくわかります。でも中高生の時期は、まだ成長期なので、一度毛根を破壊してもまた新しい毛母が生成されることがあるそうです。
どうしてもというケースのために、各クリニックでは親御さんの承諾書の提出があれば対応しているところもありますが、、、レーザー脱毛は成長期が止まるとされている18歳を過ぎてからがいいでしょうね。

事前準備は「剃る」(抜いちゃダメ!)

実際に施術を受ける際の事前準備として、必要なことは「毛を剃っておく」ことです。
これは、レーザーが黒い色に反応するという性質なので、伸びた毛がある場合、皮膚から出ている部分が勢いよく燃えてやけどの危険があるからだそうです。しっかり自分で剃ってから、クリニックに行きましょう。
また、いつものながれで「毛抜きで抜いた」直後は、レーザーが照射できるものがなくなってしまいますので、脱毛の施術を受ける期間の1ヶ月ぐらい前からは「抜く」処理をやめて「剃る」だけにしておきましょう。

硬毛化現象について

極まれに、レーザー照射によって毛が増加傾向になることがあるようです。
これは、硬毛化現象とよばれ、上腕外側、背中上部、胸毛、手の甲、手指などの特定の部位でおこることがあり、原因ははっきりしていないようです。おこる確率は数%程度で、先ほど列挙した部位を脱毛した人の全てでおこる現象でもありません。
「増加傾向」と書きましたが、実際には「毛が太くなった」ということで、レーザーが発毛組織を繰り返し刺激することでかえって毛の成長が促進されてしまうのではないかとかんがえられているようです。
このような経験のあるクリニックは多いようで、対策としては照射出力を変えたり、レーザーの種類を変えてみたりすることになるようです。
このあたりのことはカウンセリング時に必ず確認しておきたいですね。

ページの上部へ戻る
渋谷脱毛クリニック 人気クリニック ランキング
渋谷脱毛クリニック 人気クリニック ランキング