エステ脱毛での健康被害についての調査結果が公開されています

エステでの脱毛は「光脱毛」といわれる、クリニックで行われるレーザー脱毛よりも出力の弱いものを使用するのが通常ですが、以前から医師や行政から指摘されているとおり、それでもトラブルが相次いでいるようです。
先日発表された医師を対象にした調査でも、エステ利用後に健康被害を訴える方が41%(対象の患者324人)ということでした。

2014年8月8日付日経新聞ウェブ版より

 

エステ利用後に健康被害を訴える人が相次いでいることが8日までに、医師を対象に厚生労働省研究班が実施した調査で分かった。医師の回答によると、患者324人の41%が脱毛の施術を受けていた。「脱毛効果を出そうと、必要以上のエネルギーで機器を使用している」との指摘もあった。
 研究代表者の関東裕美・東邦大教授(皮膚科学)は、エステで使われる光脱毛の機器の不適切な使用でやけどをするケースが多いと指摘し「事業者は安全管理を徹底すべきだ」と話している。
 研究班は昨年8~11月、日本美容皮膚科学会に所属する皮膚科医と形成外科医に対し、エステ関連の健康被害の診察経験があるかどうか尋ねた。有効回答をした医師331人中、148人が「ある」とした。
 患者数は女性299人、男性25人の計324人で、20~30代が全体の6割以上を占めた。
 利用したエステの内容は、わきやすねなどの脱毛が最も多く、134人(41%)。次いで化粧品などを用いたスキンケア72人(22%)、シミ取り25人(8%)、痩身16人(5%)だった。
 症状別では、皮膚が赤くなるなどの熱傷が115人(36%)、かぶれなどの接触性皮膚炎が109人(34%)、消毒不足などが原因とみられる皮膚の感染症22人(7%)。治療期間が1カ月以上に及んだ人は18%、1~2週間が35%、1週間未満が12%だった。〔共同〕

この調査の詳しい調査レポートが、日本エステティック研究財団のサイト内に掲載されていましたので興味のある方は下記からご覧ください。この資料の中では、エステへの衛生環境実態調査の内容も詳しく掲載されています。

エステティックの施術による身体への危害についての原因究明及び衛生管理に関する研究(pdfの資料)

公益財団法人日本エステティック研究財団

この調査で重要だと感じた部分は大きく2つあります。1つは調査対象のエステの衛生管理の状況に関して。施設によっては、施術前後の手指の消毒が不十分なところもあり、利用者に菌が伝播する危険があるレベルだとのことですが、問題なのは衛生管理のチェックシートや、衛星管理のマニュアルの用意、定期的な衛生管理の講習などを行っている割合が非常に低いことです(いずれも実行率が50%を下回る実施項目です)。チェックシートやマニュアルがない、定期的な講習がないというのは、衛生管理をきちんと行っていることの品質管理ができているかどうかが不明ってことです。そうなると利用者としては、いくら
もう一つは、医師によるエステでの脱毛健康被害の治療経験の多さです。
レーザー脱毛は医療行為とされているため、当然エステではこれで施術することはできないわけですが、「光脱毛」とよばれる装置でクリニックでの脱毛よりも出力はぐっと抑えられたものを使用しているはずです。また、エステの業界団体でも光脱毛の装置の使用に関して、講習会を開くなどの適正化のための対応をしてきていることは以前の記事でもふれました。それでも、これだけの件数の健康被害があるということは、エステで使用されているものも使用上のリスクがある上に、施術の実施に係る問題がいろいろとありあそうです。

エステもクリニックも当然利用者の皮膚に触れ、高出力な光を使うという状況には変わりないわけですが、その環境には大きな違いがありそうですね。

金額的にも非常に低料金なエステでの脱毛はすごく興味をひかれるところではありますが、今回の調査結果はクリニックとエステのどちらで脱毛をしてもらうのかを考えるうえで非常に重要な資料かもしれませんね。

ページの上部へ戻る
渋谷脱毛クリニック 人気クリニック ランキング
渋谷脱毛クリニック 人気クリニック ランキング